診療案内

小児外科

小児外科グループの特色

小児外科では、小児外科学会の認定施設として、専門医2名が常勤する体制で、心疾患、整形外科、耳鼻咽喉科、脳外科領域を除く小児の外科疾患全般(胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆道、膵臓、脾臓、小児泌尿生殖器、体表・腹壁疾患、腫瘍など)に対して治療を行っています。また、本学は総合周産期母子医療センターに認定されており、その一員として産科、新生児科とともに、胎児期より母児の治療に関わっています。治療が難しいとされる超低出生体重児の消化管疾患に早期より小児外科が関わることで良好な治療成績が得られています。
小児の悪性腫瘍では、小児がん・血液グループと協力し、根治を目指すとともに成長・発達障害および晩期合併症を予防することを目標に治療を行っています。腹腔鏡手術も積極的に取り入れ、小児の鼠径ヘルニアには、腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(Laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure: LPEC)を男児、女児共に行っています。内視鏡で拡大して観察することによって、男児では精管および精巣動静脈、女児では卵巣および卵管が容易に確認でき、それらの組織を愛護的に扱い温存することが可能です。また、対側のヘルニアの評価も行え、同時に手術が行えるという利点もあります。

県下唯一の小児外科認定施設

県下唯一の小児外科認定施設

当院は、和歌山県唯一の小児外科学会認定施設として小児外科指導医が診療

新生児治療

県下唯一の総合周産期母子医療センターの一員として新生児科とともに、出生前より、胎児の治療に積極的に関わっております。

悪性腫瘍や希少疾患

小児外科では日常診療で希な疾患にであうことが多く、成人外科の各分野のエキスパートと連携し手術を行うため、小児に特化した病院よりも、技術的に習熟した手術を提供できると考えております。

腹腔鏡下ヘルニア修復術

修復前

修復前

修復後

修復後

小児の鼠径ヘルニアに対しては、周辺臓器への負担が少なく反対側のヘルニアの評価も行える。
腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術:LPECを男児、女児共ほぼ全例に行なっております。

ページトップへ戻る