診療案内

下部消化管

下部消化管グループの特色

下部消化管グループでは、低侵襲手術を主体とした外科治療を行い、進行癌に対しては、化学(放射線)治療の併用も積極的に行っています。また、ロボット支援下直腸癌手術も、安全性の検証を行いながら導入を開始しました。

  • 当科における下部消化管手術の変遷

  • 腹腔鏡手術が標準術式

  • 進行直腸癌への術前化学放射線治療

  • 内肛門括約筋切除術 Intersphincteric Resection(ISR)

ページトップへ戻る