教育

研修日誌

佐藤 公俊

Kimitoshi Sato

初期研修1年目の頃に外科学第2講座で3ヶ月研修させて頂きました。私は他大学出身であり、外科学第2講座の先生方との面識もほとんどないような状態での研修スタートとなりました。学生の頃より、消化器外科を志していたので、外科研修ができる喜びが多い反面、研修も始まったばかりで不安もありました。しかし、外科学第2講座の先生方は他大学出身でも分け隔てなく、優しく、熱心に指導してくださいました。非常に楽しく、大変勉強になった3ヶ月の研修となりました。3ヶ月の研修終了後も、学会発表の機会を与えて下さったり、勉強会に呼んで下さったりと面倒を見てくださいました。
ハイレベルな手術、術後管理、熱い議論がなされるカンファレンス、教育的な回診。外科学第2講座の研修にはたくさんの魅力があります。先生方も面倒見のいい方ばかりです。他大学出身でも何も気にすることはありません。可愛がってもらえます。ぜひ、外科学第2講座で研修してみてください。

兵 貴彦

Takahiko Hyo

私は、埼玉県川越東高校出身であり、両親が関西出身であったことから和歌山県立医科大学医学部に入学、高校から続けていたラグビー部に入部いたしました。卒業後は和歌山県立医科大学附属病院で初期研修を行いました。
初期研修では第2外科、第1外科、麻酔科、内科等ローテーションしました。入局する診療科に迷いましたが、消化器外科での手術の奥深さや手術だけでなく消化器疾患、内視鏡、化学療法と幅広いこと、先輩方の熱意、熱心な指導に引かれ、外科学第2講座に入局、和歌山県立医科大学附属病院外科専門研修プログラムを専攻いたしました。
入局後は、山上裕機教授御指導の下、勉強させていただいております。手術は上部消化管、下部消化管、肝胆膵さらに小児の手術と幅広く、数多くの症例があります。
4月から6月は速水晋也先生中心に御指導の下、肝疾患、また膵臓疾患など、多種多様、様々な疾患について学ばせていただき、肝門部胆管癌の肝膵頭十二指腸切除術(HPD)も経験できました。今現在、早田啓治先生中心に御指導の下、食道、胃と上部消化管症例中心に開腹手術、腹腔鏡手術だけでなく、ロボット支援下の手術症例もあり日々勉強させていただいております。10月からは救急外来において様々な分野の救急疾患、手術等を勉強させていただく予定となっております。
主治医症例も胃癌等の悪性疾患の症例もあり、執刀症例も腹腔鏡下胆嚢摘出術やヘルニア修復術以外にも肝切除術など増えてきております。手術日以外では上部、下部内視鏡検査、内視鏡治療、注腸検査、中心静脈カテーテル留置等様々な処置を行い、また月1回泉大津市立病院で野口浩平先生御指導の下、手術を勉強し、充実した毎日を送っております。

吉村 知紘

Tomohiro Yoshimura

和歌山県立医科大学附属病院外科学第2講座で後期研修を始めて早くも4か月が経ちました。初期研修医の頃と比べ生活リズムも大きくかわりましたが、ようやく慣れてきたように思います。
覚えなければならない仕事は多く、それに加えて日々の手術の勉強、縫合結紮などの基本手技、内視鏡などの検査手技など外科ならではの、練習しなければならないこともあり、少し上達したと思い油断するとすぐに元通りになるといったことを繰り返していますが、自分にはできないことがたくさんあるということを自覚し、一つ一つ身につけていきたいと思います。
また、初期研修を考えている先生へ、外科学第2講座では手術の件数も多く、充実した研修を送れます。自分が初期研修医でお世話になったときも指導医の先生をはじめ教室の先生方より忙しい手術や外来診療を通して、またその間を縫って多くのことを教えてもらいました。外科に進む人はもちろん、それ以外の診療科を志す人もぜひ、外科学第2講座をローテートしてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ戻る