ナビゲーションをスキップする

ここから本文です。

中森 幹人(なかもり みきひと)

  • 准教授
  • 診察日:水/2診
  • 診察科目:胃・食道と 小児外科
  • 外来患者さんには待たせない診察、納得していただける説明を、入院患者さんには、我が家に一日でも早く戻れるようにと、スピーディな診療を心がけています。主な担当分野は上部消化管(食道・胃)疾患と小児消化器外科疾患です。

略歴

  • 平成05年 和歌山県立医科大学卒業
  • 平成11年 和歌山県立医科大学・大学院修了

 

認定資格

  • 日本消化器外科学会評議員・認定医・専門医・指導医
  • 日本外科学会認定医・専門医・指導医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医(胃)
  • 日本がん治療認定機構がん治療認定
  • 日本食道学会評議員・食道科認定医
  • 日本胃癌学会評議員
  • 厚生労働省医師臨床研修指導医
  • 外科遺伝子治療研究会幹事
  • 近畿外科学会評議員
  • 日本小児外科学会近畿地方会評議員
  • 近畿過大侵襲研究会世話人

 

研究

日々の診療では、食道・胃外科グループの一員として、EBM(evidence based medicine)、TBM(team based medicine)を実践し、根治性と安全性の高い消化器癌治療を患者様に提供できることを常に目指しています。

外科基礎研究では、molecular therapy 特に oncolytic virotherapy の開発を大学院生とともに日々研鑚しています。